ふつうな僕らの 2

ふつうな僕らの 2

湯木のじん

「ふつう」に恋をするってむずかしい。「君と僕は合わないよ」 一颯(いぶき)にそう伝えられ落ち込む椿。でも一颯の幼なじみ、桜介(おうすけ)に背中を押され、あらためて「好き」と伝える。まっすぐな椿の思いにふれ、一颯は中学時代の苦い記憶を呼び起こしてしまうが…?


作品一覧