いらかの波 2

いらかの波 2

河あきら

【大工を目指していいのかな…?】大工を目指す渡だが、ある日風邪で寝込んだ義父の看病をしていると「きちんと進学し、いい会社に就職してほしい」と告げられた。夢は諦めきれないが、病気のせいか老けこんで見えた義父を思うと気持ちが揺らぐ。さらに、友達は将来実家の店を継ぐと固く決意していて、彼の父親がそのことを喜んでいると知り、夢に対する迷いが深くなる——。