怪談百物語 新耳袋 第四夜 山の牧場

怪談百物語 新耳袋 第四夜 山の牧場

木原浩勝/中山市朗/鯛夢

1982年夏── 『新耳袋』著者・中山市朗と友人たちは、山頂にぽつんと存在する、人も牛もいない牧場に迷い込んでしまう。 《階段の無い建物》《部屋一面に貼られたお札》《壁に書かれた謎の文字》ここはいったい何のための場所なのか──? 『新耳袋』の中でも特に異様な物語として知られる「山の牧場」を初の長編コミック化。単行本用に特別描き下ろし作品も収録。 【コミック版監修:木原浩勝】