壬生義士伝 4

壬生義士伝 4

浅田次郎/ながやす巧

父が遺した「罪」と「魂」を胸に── 国を捨て、家族に生きた父。その罪科を背負い、苦難の道を行く息子・嘉一郎──。打ち続く飢饉、そして迫り来る戦乱の時に、青年となった嘉一郎が示す南部武士の生き様とは──!? 浅田次郎&ながやす巧の両巨匠が贈る、新たな「新選組」伝説!! 哀切の第二章、堂々完結!!