壬生義士伝 5

壬生義士伝 5

浅田次郎/ながやす巧

あの方こそ、私の「先生」でした── 国を捨て、武士道にも背を向けた──。新選組随一の「人斬り」の剣が護り抜こうとしたものとは!? 新たなる証言で語られる、吉村貫一郎のもうひとつの素顔……!! 孤高の作家ながやす巧が、浅田文学の最高峰に挑む大河時代劇 激動の第三章、ここに開幕!!