帝一の國 5

帝一の國 5

古屋兎丸

名門・海帝高校次期生徒会長選で、森園を会長にすると宣言した大鷹は、本田と森園を組ませて億章同盟を結成し起死回生を狙う。一方氷室のために奔走する帝一は、彼との間の違和感を感じていた。そして父から明かされる、父と氷室の父との敵対関係。混迷する選挙戦の中、氷室への忠誠心が揺らぐ帝一の進む道は!?