DOKURO—毒狼— 2

DOKURO—毒狼— 2

猿渡哲也

キクチタケオは、宗教団体・涅槃創生会の保安局粛殺班を脱会した。目的は、教団の会長・金平愛一郎を倒すため。しかしある時、最も信頼していた実兄・貫と対峙する。立場は、犯罪者と刑事。久しぶりの兄との時間は、拳で会話した。教団撲滅を兄に委ね、死を望んだタケオだったが…。