リアル 6

リアル 6

井上雄彦

リハビリをサボるようになった高橋は訪ねてきた母に「死ね」と暴言を吐く。その言葉から母親は倒れてしまう。離婚以来、久々に対面した父とも8年という年月で変わってしまい今や売れない陶芸家になっていた。ドクターの計らいで父の家に外泊することになった高橋にとって、2人だけで過ごす時間はいろんな意味で重いものとなった。やっとバイトが決まった野宮は飲み会の席で「今を生きることにした」と発言。無気力だったバイト仲間が変わっていくキッカケになる。 【デジタル版では紙版未収録のカラーイラストを特別収録】