子泣きじじいの飼い方 1

子泣きじじいの飼い方 1

石川優吾

昭和44年、翌春に万博博覧会を控えている大阪——。「私」はペットショップで子泣きじじいを見そめて買った。飼い方がわからず四苦八苦の日々が続くが、「豆じぃ」を飼うことで忘れていた大切なものに気づくことになる…。


作品一覧