リクドウ 14

リクドウ 14

松原利光

「弱い自分が許せない」神代の猛攻に為す術がないリクは自身の非力に憤る。しかし馬場の投げかけた言葉がリクの心に波紋を広げる。“何故自分はリングに立つのか?”そして、熱戦は壮絶な決着を迎え──。 また戦ろうよ…神代くん…