生と死のキョウカイ 2

生と死のキョウカイ 2

小倉孝俊

12回と定められた「蘇生限度」。それを超えて蘇生すると、冒険者の魂は救われることなく永遠にさまよい続けるという。その教えは、偽りであった。信仰が揺らぐ聖教徒のエステルは、蘇生の真実を知るため旅に出る。しかしその旅は、道半ばで終えることに——…。


作品一覧