るろうに剣心—明治剣客浪漫譚— 24

るろうに剣心—明治剣客浪漫譚— 24

和月伸宏

白梅香の香りに導かれた先で、剣心達が見たものは、頬に十字傷をつけられ、胸に刀を突き立てられた薫の無残な姿だった。またしても大切な人を守りきれなかった自責の念で、剣心は「落人群」にその身をおとす…。


作品一覧