美食探偵 明智五郎 9

美食探偵 明智五郎 9

東村アキコ

あの女に罰を与えましょう あなたの美しい思い出を 汚した罰を ひょんなことから軽井沢の別荘を相続するかもしれない状況になった明智。それを聞きつけた苺は半ば脅すような形で軽井沢に連れて行ってもらう。ふたりで森の中を歩いていると、ドイツ語で“お菓子の家”を意味する『ヘクセンハウス』という店を見つけた。入ってみると、クラシックなドイツ菓子の店で、美しい青年がひとりで店を切り盛りしていた。ドイツ菓子が大好物の明智は、その店をすっかり気に入って常連に。その店に、ある日広告代理店の社員が訪ねてくる。その女性は、ひどくえらそうな態度で…!?

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。