ふつうの恋子ちゃん 3

ふつうの恋子ちゃん 3

ななじ眺

なんか私、負けかもしれない。私、「恋子」だ。 恋子と剣に今度はバレンタインの季節がめぐってきます。大量のチョコをもらう剣に黒い気持ちがムクムク。義理のふりしたチョコを用意しちゃった恋子には、皆の必死な気持ちが分かるから。きっと両想いなのに、どう恋を進めていいか分からない2人は、どっちも告うことができなくて。

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。