太陽が見ている(かもしれないから) 7

太陽が見ている(かもしれないから) 7

いくえみ綾

岬の楡への想いが気になって、不安でいっぱいの日帆。楡はそんな日帆に「俺はお前のなんだ?」と自分の気持ちを投げかける。一方、岬は楡からの言葉を噛みしめて…!! 3人の関係が大きく変化する第7巻!! 【同時収録】辛口が合うんじゃない?/〆切その後エッセイ

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。