わたしはサボテン 前編

わたしはサボテン 前編

高橋由佳利

三つ子の長女・石田木綿はジャカルタに父を残し、母を訪ねて一人大阪へやってきた。母は売れっ子の漫才作家で、妹の絹と麻はお笑いコンビを組んでいた。血のつながらない兄・一成が劇場を仕切り、芸人たちと寝食を共にすることも。ある日、麻の代役で絹と組んだ木綿は、大鳥芸能の若社長の目に留まる…。

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。


作品一覧