縛って絡んで抱きしめて 6

縛って絡んで抱きしめて 6

鈴真蝶子

切江と千織の前にあらわれたバク———傷をおった千織をみたバクは激昂、切江は瀕死の状態となり退散する。「わたしもバクを助けたい」……命の危険をおかし助けにきてくれたバクに対し、千織は自身の体をさしだして……

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。