闇狩人Δ(DELTA) 6

闇狩人Δ(DELTA) 6

坂口いく/細川真義

「お前に似た闇狩人と組んだ事があった」 余命いくばくもない駿河に、石動は“ある闇狩人”の姿を重ねかつての事件を追想する——…。時はバブル景気真っ最中。新宿の街で出会った“ならず者”と“探し屋”の闇狩人は、父を殺された少女のために手を組んだ!! だが、その無償の仕事はやがて非道極まりない事態へと発展し——!? 額に傷を持つ根無し草の闇狩人、その在りし日の姿が今、語られる!!