壬生義士伝 11

壬生義士伝 11

浅田次郎/ながやす巧

死を覚悟した男たちが命を懸けて守り抜いた矜恃! 無二の友・吉村貫一郎を恫喝し、問答無用に切腹を命じた大野次郎右衞門。その内に秘めた真実の思いは「忠義」を全うした中間・佐助だけが知っていた——。孤高の作家ながやす巧が、浅田文学の最高峰に挑む珠玉作!

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。