HAIKARA事件帖 3

HAIKARA事件帖 3

里見桂/黒沢哲哉

明治末期——科学捜査の黎明期、自らの発明を利用して事件の真相を暴く男がいた。彼の名は一条寺開! 開の発明の助手をしていた黒沼たかが毒殺された。星空への憧れを共有していた二人の発明が導く、驚愕の事実と卑劣な殺人犯とは…!? 発明が未来を拓く5大作収録!

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。


作品一覧