わたしの沖田くん 3

わたしの沖田くん 3

野部利雄

琴が田舎で見合いをした。見合い相手を一目見た総一は、ただならぬ予感を感じていた。ハンサムで一流商社に勤める木戸高史。琴を気に入った木戸は、ニューヨーク支社への転勤に、ついてきてほしいと告げる。どこか強引な木戸に不信感を抱いた琴。雨の中を帰ってきた琴は、総一の腕に倒れ込んでしまう。

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。