わたしの沖田くん 6

わたしの沖田くん 6

野部利雄

もてない総一が街角で女の子に声をかけられた。それは、不良から逃れるための“逆ナン”だった。女の子は蘭と名乗り、総一を手玉に取り散財させてドロン。次の日曜日、総一は従妹のめぐみちゃんに招かれて、聖徒学園高等部の女子寮を訪れる。紹介されたのは先輩の生徒会長・神崎蘭。見覚えのある顔だった。 【同時収録】デビュー作/79年月例YJ賞佳作「沖田総一くん恋すの場合」

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。