わたしの沖田くん 16

わたしの沖田くん 16

野部利雄

家出していた兄・達彦と数年ぶりに再会した似奈。達彦は、総一が“猫さん”と呼ぶ小説家・山本綾子と深い仲にあった。猫さんは「達彦と結婚する!」と宣言。達彦を取り戻したい似奈は「お兄ちゃんはあげない!」と食ってかかる。動揺する似奈を優しく抱きとめ、かたくなな心を開ける猫さんだった。

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。