テニスの王子様 6

テニスの王子様 6

許斐剛

越前と試合をさせて下さい——部長・手塚の突然の申し出。副部長・大石が見守る中、ひっそりと二人だけの試合が始まった。勝負の行方は? 手塚の真意とは? そして、いよいよ都大会が始まろうとしていた!

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。