テニスの王子様 38

テニスの王子様 38

許斐剛

決勝進出まであと1勝と迫った四天宝寺戦。変則シングルスマッチとなったD1(ダブルスワン)で、手塚とテニス部を退部したはずの千歳がまさかの一騎討ち!! 『無我の境地』の奥を極めた者同士の究極の戦いが、いま始まる!!

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。