To LOVEる—とらぶる— 12

To LOVEる—とらぶる— 12

矢吹健太朗/長谷見沙貴

オレ、お前の事…好き…かも知れない——悩んだ末にそう答えたリトだったが、その発言にララ、春菜の気持ちは揺れ動く…。そんな中、またしてもララの発明品により、リトが大変な事に!? 一体何が起こったのか!?

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。