サムライガン月光 3

サムライガン月光 3

熊谷カズヒロ

年が明け1882年北奥の地、函館。そこは外国人居留地を含む経済特別区を持っていた。赤軍の基地から脱出した黒き逆賊・月光は、経済特別区の“東街区”の外国人の店に身を隠していた。軟禁されているのを知りつつそこで傷を癒す月光。だが、彼をサムライガンとして運用しようと、暗躍する者たちがいた。一方、ロシアも“ヴォルゴ”の実験のためこの地で…。

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。