SIDOOH—士道— 11

SIDOOH—士道— 11

高橋ツトム

瑠儀の“愚断”により、炎上する大津。上洛を控えた徳川家茂の護衛にあたる“白連隊”は、敵襲を命懸けで応戦する。ところがその最中、敵の凶刃が次郎兵衛を襲い…!? 同志の仇を取るため、怒りと悲しみを爆発させた源太郎の剣が唸る!

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。