SIDOOH—士道— 18

SIDOOH—士道— 18

高橋ツトム

宿敵“白心郷”と遺恨の遭遇を果たした会津軍。敵の執拗な攻撃によって劣勢に陥りながらも、雪村翔太郎の統率でなんとか窮地を凌いだ。一路、幕敵にして逆賊・長州の戦場へ。道中、戦で傷ついた鮫島太助は、一人無念の撤退を決意。だが、時既に遅く敵の包囲網に捕らえられ…!?

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。