極黒のブリュンヒルデ 4

極黒のブリュンヒルデ 4

岡本倫

「あなた、どうして良太を殺したの? 私の大切な友達だったのに…」 寧子たち魔法使いに残された時間はあと僅か。良太は約束どおり、叔父の小五郎を魔法使いたちと対面させる。魔法の存在を信じない小五郎の前で彼女たちは!? その頃、研究所は新たな魔法使い5210番を解放し、寧子たちの追跡を始めていた。彼女の力とは一体…!?

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。