終わりのセラフ 23

終わりのセラフ 23

鏡貴也/山本ヤマト/降矢大輔

ミカエラの惨劇から逃れたシノア隊はひと時の休息を得るが、君月は優一郎との力の差を痛感し…。そして目を覚ましたクルルが明かす、八年前の出来事、真昼の企てとは!? シノアが回顧する姉との思い出とは?

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。