神のまにまに 2

神のまにまに 2

猗笠怜司

神狩り本部に到着するや総攻撃を受けた一進達。囚われの身となった一進は、神狩り内を強さのみで少将まで上り詰めた黒羊から手合わせを挑まれる。絹千世達にまで攻撃した事への怒りから本気で殴りかかる一進だが、その拳はかすりもしなかった。心臓を握られ、神器を出して攻撃しろと言われた一進は…!?

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。