逃げ上手の若君 4

逃げ上手の若君 4

松井優征

後醍醐天皇が送り込んだ国司・清原信濃守の圧政に耐えかねた諏訪神党・保科弥三郎は勝ち目が無いと知りながら反乱の兵を挙げる。保科党を止めようと説得に向かう時行だったが、戦場で散ることを美学としている武士たちに時行の声は全く届かないまま、開戦してしまい…?

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。


作品一覧