るろうに剣心—明治剣客浪漫譚・北海道編— 7

るろうに剣心—明治剣客浪漫譚・北海道編— 7

和月伸宏

実検戦闘阻止のため、斎藤、永倉達が向かったのは“北の都”札幌。この街では劍客兵器・雹辺双の手で政府要人の暗殺が次々と実行されていた。斎藤達は役人を囮にして雹辺を誘き出そうとするが、志願してきたのは因縁のある元新撰組の男——御陵衛士の残党、阿部十郎だった!!

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。