BUNGO—ブンゴ— 23

BUNGO—ブンゴ— 23

二宮裕次

激闘の富士ケ丘シニア戦、石浜文吾の登板から流れを一変させた静央シニアは決死の逆転を果たす!! 迎えた最終回、ブンゴは遂に怪物・河村幸一と対峙する。ど真ん中直球(ストレート)を捉えられ、窮地に追い込まれたかのように見えたブンゴだったが、河村に敗れたチームメイト・鮎川瑛太の決め球、ジャイロ・スライダーで三振に打ち取るのだった。その圧巻の投球(ピッチング)はまさに1番(エース)にふさわしいものであった——。激闘の果て、新たな物語が動き始める——!!