もののがたり 12

もののがたり 12

オニグンソウ

長き月日を経た器物は、やがて神錆びて心を宿し“付喪神”となる。付喪神を憎む青年・兵馬と、付喪神を愛する少女・ぼたん。二人の共棲生活は唐傘の急襲により崩れ去る。突如兵馬たちの前に現れた討伐隊の面々、その実態は唐傘により肉体を喰われた同胞の亡骸であった。仲間の能力を用いて襲い掛かる唐傘に劣勢を強いられる塞眼たちの命運や如何に——絆と恋の付喪ノ語り、事態急変の第十二巻。

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。