もののがたり 13

もののがたり 13

オニグンソウ

“付喪神”それは魂を宿した器物——人ながらその身に“稀人”を宿し“憑坐”として生を受けた少女・ぼたんと、人ながら付喪神を常世に導く“塞眼”として生きる青年・兵馬。良縁を紡ぐ二人の前に現れた唐傘。その襲撃の代償はあまりにも大きかった。ぼたんを攫われ、仲間を失った塞眼たちはぼたん奪還へ向け新たな決意を固める。塞眼と唐傘の全面戦争の幕がいま上がる——絆と恋の付喪ノ語り、狼煙が上がる第十三巻。

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。