少年のアビス 9

少年のアビス 9

峰浪りょう

黒瀬令児(くろせれいじ)は、家族、教師、幼馴染、アイドル、小説家、そしてこの町。そのすべてに縛られながら“ただ”生きていた。それでも少年は、雪が降り注ぐ深淵(アビス)から、遠くにぼんやりと見える光のような何かに向かって歩き出す。少年の生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第九章——。

※本商品は「電子書籍」です。紙の書籍ではございませんのでご注意ください。