尾木花詩希は褪せたセカイで心霊を視る

尾木花詩希は褪せたセカイで心霊を視る

紺野アスタ/竣成

【デジタル版にはダッシュエックス文庫創刊2周年記念プロジェクトのプレゼント応募シリアルコードは付属しません】「想いの欠片(ゴースト)が見える人と、初めて逢った」 久佐薙卓馬(くさなぎたくま)は廃墟と化したデパートの屋上遊園地で、傷だらけの古いカメラを持った不思議な少女——尾木花詩希(おぎはなしき)と出逢う。 卓馬の通う高校で“心霊写真を撮ってる変わった女”と噂される詩希に「屋上遊園地に出るといわれる“観覧車の花子さん”を撮ってほしい」と依頼するのだが、「幽霊なんていない」と取り合ってもらえない。しかし、諦(あきら)めきれない卓馬は写真部を訪ね、詩希を捜そうとするのだが、彼女がいるのは【心霊写真部】だと教えられて……。 卓馬が逢いたいと願う“観覧車の花子さん”を、詩希は写すことができるのか——。 少年の想いが少女の傷を癒す、優しく切ない青春譚。


作品一覧